塗り替えの必要性

建物を立ててから数年が経過すると、そろそろ外壁や屋根のメンテナンスが必要ではないかと、何となく考え始めるかと思います。でも、壊れているわけでもないとなかなか相談もしにくいと考えてしまうもの。
そもそも塗装はなぜ必要で、どれくらいの周期でメンテナンスが必要なのか、ご説明します。

 

塗装の役割

外壁や屋根など、建築物には必ず塗装が必要になります。塗装には大きく美観と保護の2つの役割があります。

1.外観の美化

建物の外側を覆うのは屋根や外壁です。現場で塗装するもの、工場で塗装されてくるもの等、様々ですが、新築時から大切な住まいに個性を与えてくれます。
いろんな色に塗装されていることで、住まいに表情が生まれ愛着が湧き、街並に彩りが生まれます。
塗装が施されなければ、金属やコンクリート等の素材そのままの無機質な色だらけになってしまいます。
塗り替えは、経年劣化してしまった色あいに再び息を吹き込み、輝きを取り戻す化粧直しとも言えるでしょう。
引き渡しを受けたあの日、入居したあの日の喜びをもう一度味わって下さい。

2.天候から建物を守る

建物は、建ったその日から、自然環境の中で大きなダメージを受け続けます。雨や雪、紫外線、二酸化炭素、熱など、様々な攻撃から建物を守るため、塗装は大いに活躍してくれるのです。
雨や雪の水分で内部腐蝕することを防ぎ、夏と冬の温度差から建物を守り、紫外線や二酸化炭素などをシャットアウトして建築素材の寿命を延ばします。

塗り替え時期

外壁の塗り替え時期の目安は、窯業系で10年位、金属系で15年位で塗り直しておきたいものです。屋根の塗り替え時期の目安も、窯業系は10年位、金属系は15年位です。詳しくは、外壁の種類、屋根の種類のページをご覧ください。

外壁の塗り替えタイミングは外壁の素材、そしてその建物の立地状況によって異なります。 水戸部建装では、外壁の種類についてまとめたページにメンテナンスの時期についても記載しております。 もちろんすべてがお客様のお住まいに該当するわけではありませんので、細かな状況について相談したいことがおありでしたら、お気軽にお問い合わせください。

外壁にできたひび割れをそのままにして塗装を行っても、塗料は長持ちしません。 せっかく行った塗り替え工事が、ひび割れひとつを見逃すことで台無しになってしまうことも少なくありません。 水戸部建装では、できたひび割れの幅、深さなどの状況に応じて、適切な材料を用いて正確に補修を行い、その上で外壁塗装を実施いたします。

皆様ご存知のように山形県はいわゆる雪国として知られており、そこに建つ建物も雪に限らず様々な気象に対して対策を講じる必要があります。 水戸部建装では、高い耐候性を持つフッ素樹脂塗料を用いた外壁塗装をはじめ、お客様のご要望や建物の状況に応じた柔軟な対応を行っております。 作業のお見積もりは無料でご案内しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

外壁塗装の施工を業者に依頼する上で大切なことのひとつが、お客様のご要望がどれだけ明確なのか、という点です。 見栄えをとにかくきれいに仕上げることが優先なのか、建物の資産価値を挙げられるような品質重視の施工を求めているのか、それはお客様によって異なります。 材料などの仕様を出来る限り統一し、それらをしっかりと業者に伝える必要があります。 また、複数の業者に相見積もりを取る時は、面積や明細の入った見積書を提出するように依頼することも大切です。 水戸部建装では、相見積もりを前提としたご相談でも誠心誠意対応致しますので、お気軽にご相談ください。

外壁塗装のことを相談できる先というのは、意外に少なくない選択肢が存在します。 それを生業としているリフォーム業者や住宅業者はもちろんのこと、塗料や資材を販売しているホームセンターや、幅広いサービスの一環として家電量販店がそれらを請け負うケースもあります。 そのような多種多様な選択肢の中でどこに相談するのがベストな選択なのか、お客様側でしっかりと吟味する必要があります。 水戸部建装は、確かな技術を持った職人が真心と情熱を込めて作業に当たります。 まずはご相談からでも結構ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。