施工事例

寒河江市 A様アパート

1番懸念されていた柱です。常に雨水が当たっているので腐っているかもしれません。剥がして調査します。

予想通り内部には白カビが発生し湿潤状態でした。

根元も腐っています。交換が必要です。A様にご説明し交換の手配をしました。

構造体となっており抜き取っての交換が不可能ですので傷みの無い部分まで切断し新しい柱と抱き合わせます。

1本の太い柱になる様に通しボルトで連結します。

万一にも腐蝕しない様に外壁材を張る前に防腐剤を塗布します。見えなくなってしまう所もバッチリです!

今まで施工されていなかった透湿防水シートを巻き込みます。

新しいサイディングを張り付けて

塗装して完成となります。一回り太く立派になりました!

経年変化で暴れてしまったサイディングを新しい釘で増し締めしていきます。

それでも締まりの悪い所はビス締めします。計700本となりました。

張り替えと一緒に内部調査します。換装状態も良く健全です。直張りですが透湿抵抗の高いフェルトが貼ってあった事が幸いしたようです。

ベランダの床板が傾いており危険です。

剥がしてみると下地材が腐っており

サイディングにも悪さをしていました。

全部で4か所交換致しました。

凍害でボロボロだった軒天材も

綺麗に交換できました。

やっとシーリング工事の開始です。まず既存のシーリングを撤去します。

細くて役に立っていない目地部分を

拡げて機能するようにしました。

エアコンの配管カバーが横に走っている部分に雪等がたまり凍害の原因となるので

溜まらない様に勾配を付けてシールします。

サッシの上端も同様です。

ここまでやり、ようやく洗浄の開始です。手洗いにより下地の状態を確認していきます。

擦り洗いの後、洗い流すと…色水が流れていきます。

これだけの風化した塗膜が落ちました。

階段が腐れてしまっていて穴が開いていたので新しい鉄板で塞ぎます。

錆止めの後、爽やかな紺色で塗装します。

元通り以上!に変身です。

18年間一度も塗装されなかったので、ところどころ酷い錆が発生しています。

綺麗に錆止めした後に

シルバーメタリックで塗装していきます。

外壁を止め付けたビスの穴をパテで埋めていきます。

その後樹脂で固め

傷みの激しい外壁を厚塗りの下地材で調整していきます。

その後1回目の上塗り塗装

2回目

3回とお引き渡しの出来る状態になるまで塗り重ねていきます。

樋金や破風、唐草の錆を拾い

1回

2回と塗り重ねていきます。

水切りもシャープな印象の白色に塗装します。

電灯の金具や

換気レジスター等の細かい部分を塗装し、こだわりの塗替えの完成です。

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。