施工事例

寒河江市 E様アパート

塗装に至るまでの改修への取り組み

1.くもの巣がひどいので高圧洗浄で取り払います。

2.屋根に積もった雪により、ひどい凍害が起きています。

3.はがしてみると、雨仕舞も良くなかったので、防水テープで改善します。

4.屋根際を空け、さらに吸水しないように小口止めシーラーを塗り張り直します。

5.窯業系の幕板も凍害をくり返してドロドロになってしまっています。

6.ひどかった幕板が

7.メンテナンスフリーの塩ビ製に交換され一安心です。

8.サッシの下もひどい凍害です。

9.サイディングをはがしてみると・・・窓台が腐ってなくなっていました。

10.窓枠から漏水がみられます。

11.新しいものに取りかえました。万一に備え、透湿シートでくるみます。

12.グレーの所が張り替えした部分です。

13.同じ事が起こらない様に伝い水防止水切を取り付けクリアーの変成シリコンでシーリングします。

14.窓枠の他にも原因がありそうです。廊下の土間や建物との間から雨水が侵入していきます。

15.雨が降るとご覧のとおり。

16.改善策として、シーリングで埋めてしまいます。

17.更にコンクリートに含水しない様にFRP防水を施工します。

18.これで安心です。

19.軒天塗装です。くもの巣がつきにくい様につるつるした材料で仕上げます。

20.外壁塗装に入ります。

21.

22.錆びのひどいところをサンダー掛けして取り除きます。

23.錆止めを全面に塗ります。

24.上塗りをして、更に雨仕舞を考慮して防水を巻き込みます。

25.木を腐らせる漏水の原因となっている風呂の窓枠を再シーリングします。

26.結露水による腐食もあるので、改善の為、内障子を取り付け二重サッシとしました。

27.コンクリートと鉄の隙間から入った水が原因で錆びていましたが

28.一体の防水層にしたのでもう大丈夫です。

29.暗い通路も配色の工夫で明るくなります。

 

30.完成です。

 

雨漏りというと屋根から落ちてくるイメージが強いですが、外壁にひび割れが生じている状態で横殴りの雨が降ると、そこから雨漏りが生じます。 雨漏りを防ぐための屋根・外壁の修繕に関するご相談は、山形の水戸部建装にお任せください。 実際に施工に入る前の現地調査による雨漏り診断は無料で承っております。

山形県での外壁塗装のご用命がありましたら、水戸部建装にご相談ください。 個人のお客様の住宅の塗装はもちろん、アパート・マンションのオーナー様からの所有物件に対する施工のご相談も承っております。 お問い合わせ・見積もりは無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

はじめて外壁塗装の施工を業者に依頼されるに当たって、分からないこと、気になることは少なくないと思います。 山形の水戸部建装では、はじめてご利用いただくお客様でも安心して作業を任せていただけるよう、不明瞭な点などがあれば何でもお答えしております。 「工事中はずっと在宅していないとだめなの?」「作業の時間や作業時に発生する臭いなどにはどういう対策を取っているの?」 などなど、どんなことでも結構ですのでお気軽にお尋ねください。

建物の外壁が塗装されている理由は、外観を美しく見せる目的もありますが、雨や雪、紫外線といった様々な天候から建物を保護するという目的も持ち合わせています。 建物に合わせた塗装を行うことで、雨・雪の水分で起こる内部腐食を防いだり、季節によって生じる温度差から建物を守ったりなどといった効果を得ることができます。 建物を保護するための適切な塗装ができる業者を山形でお探しの際は、水戸部建装にお任せください。

働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国としてそれを証明する制度、それが技能検定です。 水戸部建装の社員は、資格取得のために必要な経験年数が足りない者を除いて、全員が一級技能検定試験に合格した一級技能士の資格を有しております。 また、技能士の資格の他にも多数の専門的な資格をそれぞれの社員が有しております。 確かな技術を有する施工業者をお探しの際は、お気軽にご相談ください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。