施工事例

寒河江市 H様

シーリングが界面剥離しています。打ち直しが必要です。

1階部分のサイディングも同様です。さらに白化が見られます。

サイディングに割れが見られます。弾性パテで修復の上、塗装します。

樋のなかも綺麗に洗浄させて頂きます。

天井材も吹付け施工してあるので目に入った汚れを掻きだすようにブラシで擦ります

樹脂サッシを傷つけない様にスポンジで手洗いします。

風化した塗膜が流れています。

壁面はチョーキングを落として活膜面が出てくるように

洗浄完了後、既存シールの撤去に入ります。

ほとんどの部分が3面接着となっておりこのままでは良くありません。

撤去したシーリング材です。

撤去後、全ての部分の板の緩みをチェックして、さらに締め直します。

3面接着の防止に大切なボンドブレーカーを張り付けていきます。シーリングの持ちが断然違います。

同じくバックアップ材を装填します。

コンセント廻りのシリコンも引っ張っただけで取れてしまうので

打ち直します。

エアコンの貫通部の現状です。中から湿気が出てきて悪さをするので

断熱ライン、外壁ラインで2度打ちします。そうする事で壁内に湿気が入りません。

2階の再シーリング完了の様子です。

1階渡り廊下取り付け部の様子です。

水が切れるようにテーパーを付けて三角シールとしました。

合い抉りの隙間の大きな部分は弾性パテを充填します。

これで塗装前の下準備が完成です。

既存の吹付けが取れてしまったりした所は戻し吹きし復元します。

密着が良くなるように下塗り材を塗布します。

上塗り1回目の塗装です。

2回目の塗装です。

こういった細かなところもきちんと錆止し

塗装しています。

破風板、雨樋と塗装していきます。

1階部分のデザイン板の塗装に移ります。プライマーとなるクリアーを塗装していきます。

その後ベース色で前面塗装していきます。

表面色による塗装1回目です。

もちろん2回塗りです。都合3層塗装してあります。

天井材も

2回塗りです。

オイルタンクも当然2回塗りです。

土台水切りは、よりマッチする様に白から茶系へと変えました。

エアコンの配管カバーを塗装し

濡れ縁を塗装し付帯物の塗装は完了です。

1階の天井材は柔らかな暖色系へと変わり

ひび割れていた外壁材も修復完了。元通りになりました。

縦樋も全体の色と統一感があります。

バルコニーからルーフドレインもグレーから茶系へと変わり溶け込んでいます。

複雑な所も綺麗に仕上がりました。

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。