施工事例

寒河江市 H様

シーリングが界面剥離しています。打ち直しが必要です。

1階部分のサイディングも同様です。さらに白化が見られます。

サイディングに割れが見られます。弾性パテで修復の上、塗装します。

樋のなかも綺麗に洗浄させて頂きます。

天井材も吹付け施工してあるので目に入った汚れを掻きだすようにブラシで擦ります

樹脂サッシを傷つけない様にスポンジで手洗いします。

風化した塗膜が流れています。

壁面はチョーキングを落として活膜面が出てくるように

洗浄完了後、既存シールの撤去に入ります。

ほとんどの部分が3面接着となっておりこのままでは良くありません。

撤去したシーリング材です。

撤去後、全ての部分の板の緩みをチェックして、さらに締め直します。

3面接着の防止に大切なボンドブレーカーを張り付けていきます。シーリングの持ちが断然違います。

同じくバックアップ材を装填します。

コンセント廻りのシリコンも引っ張っただけで取れてしまうので

打ち直します。

エアコンの貫通部の現状です。中から湿気が出てきて悪さをするので

断熱ライン、外壁ラインで2度打ちします。そうする事で壁内に湿気が入りません。

2階の再シーリング完了の様子です。

1階渡り廊下取り付け部の様子です。

水が切れるようにテーパーを付けて三角シールとしました。

合い抉りの隙間の大きな部分は弾性パテを充填します。

これで塗装前の下準備が完成です。

既存の吹付けが取れてしまったりした所は戻し吹きし復元します。

密着が良くなるように下塗り材を塗布します。

上塗り1回目の塗装です。

2回目の塗装です。

こういった細かなところもきちんと錆止し

塗装しています。

破風板、雨樋と塗装していきます。

1階部分のデザイン板の塗装に移ります。プライマーとなるクリアーを塗装していきます。

その後ベース色で前面塗装していきます。

表面色による塗装1回目です。

もちろん2回塗りです。都合3層塗装してあります。

天井材も

2回塗りです。

オイルタンクも当然2回塗りです。

土台水切りは、よりマッチする様に白から茶系へと変えました。

エアコンの配管カバーを塗装し

濡れ縁を塗装し付帯物の塗装は完了です。

1階の天井材は柔らかな暖色系へと変わり

ひび割れていた外壁材も修復完了。元通りになりました。

縦樋も全体の色と統一感があります。

バルコニーからルーフドレインもグレーから茶系へと変わり溶け込んでいます。

複雑な所も綺麗に仕上がりました。

 

 

雨漏りというと屋根から落ちてくるイメージが強いですが、外壁にひび割れが生じている状態で横殴りの雨が降ると、そこから雨漏りが生じます。 雨漏りを防ぐための屋根・外壁の修繕に関するご相談は、山形の水戸部建装にお任せください。 実際に施工に入る前の現地調査による雨漏り診断は無料で承っております。

山形県での外壁塗装のご用命がありましたら、水戸部建装にご相談ください。 個人のお客様の住宅の塗装はもちろん、アパート・マンションのオーナー様からの所有物件に対する施工のご相談も承っております。 お問い合わせ・見積もりは無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

はじめて外壁塗装の施工を業者に依頼されるに当たって、分からないこと、気になることは少なくないと思います。 山形の水戸部建装では、はじめてご利用いただくお客様でも安心して作業を任せていただけるよう、不明瞭な点などがあれば何でもお答えしております。 「工事中はずっと在宅していないとだめなの?」「作業の時間や作業時に発生する臭いなどにはどういう対策を取っているの?」 などなど、どんなことでも結構ですのでお気軽にお尋ねください。

建物の外壁が塗装されている理由は、外観を美しく見せる目的もありますが、雨や雪、紫外線といった様々な天候から建物を保護するという目的も持ち合わせています。 建物に合わせた塗装を行うことで、雨・雪の水分で起こる内部腐食を防いだり、季節によって生じる温度差から建物を守ったりなどといった効果を得ることができます。 建物を保護するための適切な塗装ができる業者を山形でお探しの際は、水戸部建装にお任せください。

働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国としてそれを証明する制度、それが技能検定です。 水戸部建装の社員は、資格取得のために必要な経験年数が足りない者を除いて、全員が一級技能検定試験に合格した一級技能士の資格を有しております。 また、技能士の資格の他にも多数の専門的な資格をそれぞれの社員が有しております。 確かな技術を有する施工業者をお探しの際は、お気軽にご相談ください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。