施工事例

寒河江市 K様

シーリングの現状写真です。ウレタン系の為、塗膜に亀裂が入ったところから、紫外線による劣化が進み、穴が開いています。

こちらは白いバックアップ材が見えています。

撤去しています。

他の部分も接着しておらず、引っ張るとするすると取れてきます。

サッシ廻りのシーリング、吹付けも綺麗に撤去します。

今回は木地表しだった破風板を、トタンで包みます。木は塗替サイクルが短いのでお客様最適のご提案をいたしました。

シーリング撤去完了後、再シーリングを行う前にサイディング施工士による点検作業が行われます。

せっかくトタンを被せてあるのに勾配が壁側に向かっているので、ひどい凍害が起こっています。

改善策として勾配を取り直したトタンを被せ、さらにテーパーを付けてシーリング施工しました。

窓上も当然テーパーを付けます。

ベントキャップが中から埃でつまっており排気出来ていませんでした。目が細かすぎるのが原因です。粗い物への交換をお勧めしました。

中の接続部分も濡れないように埋めます。

水切り付きの物に変えました。

台所の換気扇もビスが緩み、また隙間の部分から雨水が浸入するので

すっぽりと隠れ耐久性が高い樹脂製の物とし水が切れる形の物としました。

シーリング工事完了後、洗浄作業に移ります。ガラス、サッシは優しくスポンジで洗います。

リシン吹付けの外壁、軒天は高圧洗浄により目の奥まで入った汚れを洗い落とします。

屋根は塗料が良く密着するように目荒らししながら手洗いしていきます。

塗装作業に入る前に必要箇所を錆止します。

小さいお孫さんがいらっしゃる為、けがをしない様ツルツルした模様に塗替えます。密着が良くなる目つぶし材です。

さらに吹付けで模様を付けていきます。

これで肌を傷つける事もありません。

軒裏天井及び

外壁共2回塗りです。今回は水性のシリコン2液低汚染タイプでの施工です。

幕板も全体のバランスを見ながら色決めしていきます。

当然オイルタンクも元通り以上!

屋根も上品な茶色での塗装

錆びていてあまり使う事の無かったテラスでしたが錆止めをし

柔らかい色で塗る事で

利用価値も上がりました。

直接雨雪に曝され凍害がひどかったバルコニーの外壁。今回再塗装分に少々のプラスをするだけで張り替え可能と判明したのでお勧め致しました。

剥がした後の下地検査です。異常ありません。

胴縁を施工して通気層の確保をします。水が回らない様に防水テープを貼り付けます。

内側も同様です。

天端用の幅が広い防水テープです。普通の物より分厚く丈夫にできていますので、これさえあれば中に浸水する事はありません。

貼り上がりです。

玄関部、テラス部の現状です。

いままでは縦張りでしたので横に胴縁が入っています。

今度は横張りなので胴縁(下地)は縦方向に入れ直します。重要なハットジョイナーも入っています。

最下部にあるのはスターターというもので、これで上に乗っかっていく外装材を支えています。

色10年保証のKMEWの「親水セラ」をお勧めしました。汚れも落ちやすい仕様になっています。

貼り上がりです。塗りの部分が終わって全体を見ながら選んでいただきましたのでコーディネートバッチリです。

部屋の中から見える部分の天井は明るくなるように白系としました。

今まで白かった基礎水切りは全体が締まる様に黒く塗装します。

バルコニー下のルーフドレインも統一感が出るように同系色で纏めます。

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。