施工事例

寒河江市 O様


 

屋根の折り返し部分には細かな錆が発生し モルタル壁は屋根の付け根・立ち上がり部分から水を吸い上げひび割れが入っています。

バルコニー外側の壁です。雨ざらしになる為、他の部分よりも傷みが激しいようです。また、笠木のジョイント部分より壁内部に浸水しモルタル壁が破壊されてしまっています。

バルコニー内部の壁も笠木の水切れが悪く、常に雨水がかかっているようです。

サッシ廻りであったり

下がり壁等、構造が変わる所に負荷がかかり、どうしてもひび割れが起きます。

亀裂誘発目地も、底の部分に無理が生じ、割れてしまっています。

笠木を外してみると、ごらんの様な状況です 透湿シートは今回被せたものなので、雨仕舞いは アルミ笠木打だった事になります。今では非常識な事も、その当時は標準的な施工だったのかもしれません。

今のままでは笠木の出が足りず、また同じ状況を引き起こすので、板金加工にて水切れを良くします。

さらに天端用の丈夫なテープで補強!これでバッチリ!

ここまで来てやっと洗浄です。今回はモルタル外壁ですので、高圧洗浄と手洗いの両方行います。

2日ほど乾燥養生を行った後、サッシ廻りや

屋根の付け根など、浸水しない様にシーリング施工します。

クラックなどは専用のエポキシ樹脂を注入します。これで割れる事はもうありません。

壊れてしまっていた軒天材も、原因となっていた接続部分を繋ぎ直し

上げ替え完了です。

左官定規(トリム)近辺は、動きが違う為に出来た隙間部分から浸水し、長い年月の間にモルタルが剥れてしまいます。

専用のパテにて補修します。

下地調整・接着増強の為、下塗り材を塗布します。

その後、パターン付けの為の特殊なローラーで模様を付け

色付け1回目

さらに2回と塗り重ねます。汚れの落ちやすい親水型の塗料です。

天井材も釘の錆を止め、ジョイント部分を埋めてから

1回

2回と塗り重ねます。

お客様の要望により、耐久性重視で2液シリコン仕様を採用したので

下塗りも2液エポキシ錆止めの全面塗りになります。

その後刷毛とローラーで丁寧に手塗りしていきます。

2液仕様は上塗りも2回塗りになります。こういった勾配のきつい屋根には特にお奨めです。

雨樋交換で開いた穴もきちんと埋めてから塗装します。

今回は白かった破風板を黒く変えます。統一感が生まれます。塗替えだから出来る事です。

その後、雨樋を塗装し

完了です。

ウッドデッキを解体した後

サイディングの施工部分に下地を取り付けていきます。

下地がモルタル壁の為、不陸を調整しながら平らに張り上げていきます。

反ってしまったり、割れてしまったりしない様に、念のため金具と金具の間の部分にも下地調整剤を入れます。

張り上がりです。これまでよりもグッと奥行き感が出ました。

シャッターは全体のバランスを見ながら色を決めました。錆止めを塗った後1回目

2回と塗り重ねます。

建物、それにサイディングにもマッチした配色です。

フードもシルバーのままではまとまりが無い為、黒く塗装します。

バルコニー側、張り上がりです。今回施工したのはKMEW親水セラ色10年保証の商品で、NYG認定施工士による施工ですのでバッチリです!

バルコニー内部もめっきり綺麗になりました 水切りれが良くなったので、外壁が傷むことはもう無いでしょう。

サッシとフロアーの間も漏水しやすい箇所です。きちんと止水を行います。

サッシ下にあったひび割れ、他のところも判らないように綺麗になりました。

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。