施工事例

山形市 O様

シーリング打替え クリヤー塗装

img02.jpg

img10.jpg

img01.jpg

施工前の状態

外壁サイディングは耐久性の高いコーティングが施されているため、
色あせはあまりありませんが、シーリング材には所々劣化が見られます。

img05.jpg img07.jpg
img08.jpg

img09.jpg

シーリング材は高耐候タイプ


今回のサイディングは、再塗装には注意が必要なタイプです。
上塗りのクリヤーが非常に硬いため、シーリング上には塗装しない仕様です。

故にシーリング材も、直接紫外線の影響を受けるため、耐久性の高いものを使います。
 

img24.jpg  

価格も高いです。

 
img21.jpg img22.jpg

クリヤー仕上げの場合、切り取りも慎重です。

img23.jpg img25.jpg

プライマーも塗り残しないように

打ち込み
img26.jpg  

均し

 
img29.jpg img30.jpg

こちらで切り取ったシーリング材

img28.jpg  

打ち替えたシーリング材

 

クリヤー仕上げの場合、こういった欠けの色補修が大切になります。

img06.jpg img11.jpg

洗浄にも気をつかいます。
残った汚れはそのまま見えますし、洗浄跡、洗いムラにも注意が必要です。
 
img18.jpg img19.jpg

img20.jpg

 

欠けの補修、割れの補修もクリヤーの場合 全てそのまま出てきます。

img32.jpg

img34.jpg

サイディングメーカーの推奨に沿って塗料選択

img31.jpg img38.jpg

下塗り

上塗り

img41.jpg  

強溶剤のフッ素です。

 

高耐候シーリング材は 塗料が付着しないためマスキングします。

img37.jpg  

シーリング材を後打ちにする方法もありますが、フッ素の塗膜にシーリング材も付着しにくいので、
総合的に考えると弊社ではこれがベストだと思っております。

img39.jpg img40.jpg

附帯物を塗って完了。

 

外壁塗装の下準備のために必要な外壁の洗浄。 しかし、ある程度の築年数を経た建物や漆喰(しっくい)壁の建物の場合、水を使っての洗浄は不向きです。 そういった建物の場合はついた汚れをこすり落とす、あるいは掃くなど、水を用いない方法で施工しやすい状況に仕上げることが求められます。 水戸部建装は、お客様のお建物に合った適切な施工をご提案致します。どうぞお気軽にご相談ください。

雨漏りというと屋根から落ちてくるイメージが強いですが、外壁にひび割れが生じている状態で横殴りの雨が降ると、そこから雨漏りが生じます。 雨漏りを防ぐための屋根・外壁の修繕に関するご相談は、山形の水戸部建装にお任せください。 実際に施工に入る前の現地調査による雨漏り診断は無料で承っております。

山形県での外壁塗装のご用命がありましたら、水戸部建装にご相談ください。 個人のお客様の住宅の塗装はもちろん、アパート・マンションのオーナー様からの所有物件に対する施工のご相談も承っております。 お問い合わせ・見積もりは無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

はじめて外壁塗装の施工を業者に依頼されるに当たって、分からないこと、気になることは少なくないと思います。 山形の水戸部建装では、はじめてご利用いただくお客様でも安心して作業を任せていただけるよう、不明瞭な点などがあれば何でもお答えしております。 「工事中はずっと在宅していないとだめなの?」「作業の時間や作業時に発生する臭いなどにはどういう対策を取っているの?」 などなど、どんなことでも結構ですのでお気軽にお尋ねください。

建物の外壁が塗装されている理由は、外観を美しく見せる目的もありますが、雨や雪、紫外線といった様々な天候から建物を保護するという目的も持ち合わせています。 建物に合わせた塗装を行うことで、雨・雪の水分で起こる内部腐食を防いだり、季節によって生じる温度差から建物を守ったりなどといった効果を得ることができます。 建物を保護するための適切な塗装ができる業者を山形でお探しの際は、水戸部建装にお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。