施工事例

山形市 O様

シーリング打替え クリヤー塗装

img02.jpg

img10.jpg

img01.jpg

施工前の状態

外壁サイディングは耐久性の高いコーティングが施されているため、
色あせはあまりありませんが、シーリング材には所々劣化が見られます。

img05.jpg img07.jpg
img08.jpg

img09.jpg

シーリング材は高耐候タイプ


今回のサイディングは、再塗装には注意が必要なタイプです。
上塗りのクリヤーが非常に硬いため、シーリング上には塗装しない仕様です。

故にシーリング材も、直接紫外線の影響を受けるため、耐久性の高いものを使います。
 

img24.jpg  

価格も高いです。

 
img21.jpg img22.jpg

クリヤー仕上げの場合、切り取りも慎重です。

img23.jpg img25.jpg

プライマーも塗り残しないように

打ち込み
img26.jpg  

均し

 
img29.jpg img30.jpg

こちらで切り取ったシーリング材

img28.jpg  

打ち替えたシーリング材

 

クリヤー仕上げの場合、こういった欠けの色補修が大切になります。

img06.jpg img11.jpg

洗浄にも気をつかいます。
残った汚れはそのまま見えますし、洗浄跡、洗いムラにも注意が必要です。
 
img18.jpg img19.jpg

img20.jpg

 

欠けの補修、割れの補修もクリヤーの場合 全てそのまま出てきます。

img32.jpg

img34.jpg

サイディングメーカーの推奨に沿って塗料選択

img31.jpg img38.jpg

下塗り

上塗り

img41.jpg  

強溶剤のフッ素です。

 

高耐候シーリング材は 塗料が付着しないためマスキングします。

img37.jpg  

シーリング材を後打ちにする方法もありますが、フッ素の塗膜にシーリング材も付着しにくいので、
総合的に考えると弊社ではこれがベストだと思っております。

img39.jpg img40.jpg

附帯物を塗って完了。

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。