施工事例

大江町 S様

1.せっかくのリフォーム工事ですから、大切なお客様にお怪我などないように、万全を期します。

2.笠木のジョイントと取り合い部分にシーリングが必要なタイプかどうか調べてみると…シーリングしてはいけないタイプでした。

3.なぜかというと…ごらんの通りシーリング材があるせいで、ジョイントから侵入した水を溜めこんでしまう訳です。

4.すべて撤去して、透湿防水シートを新たに張り

5.笠木の出幅が不足しているので、雨水が伝わらないように板金で加工します。もちろん、お客様とご相談しながらすすめていきます。

6.屋根のトタンとサイディング材が密着しているため、凍結と融解を繰り返しボロボロになってしまいました。

7.サイディング材をはがしてみると…漏水の痕跡があります。

8.念のため軒天材をはがしてみると…腐ってはいませんでした。

9.新しい材料に交換して

10.原因を探ってみると…屋根の納まり不良でした。

11.板金屋さんに壁際に雨水が伝わらないように立ち上げてもらい、防水テープで雨仕舞いを施します。

12.今後、凍害が起きない様に切断した部分に吸水防止のための樹脂を塗布します。

13.他の天井も勾配が急で漏水や凍害が心配なところには、シーリングを施します。

14.これで一安心

15.樹脂製のヤギリ(換気部材)もきちんと塗って新品以上に

16.アクセント部分(塗装前)アクセントにはちょっと弱いかも・・・。

17.お客様とご相談の上

18.シックなブラウンで塗装しました。

 

外壁塗装の下準備のために必要な外壁の洗浄。 しかし、ある程度の築年数を経た建物や漆喰(しっくい)壁の建物の場合、水を使っての洗浄は不向きです。 そういった建物の場合はついた汚れをこすり落とす、あるいは掃くなど、水を用いない方法で施工しやすい状況に仕上げることが求められます。 水戸部建装は、お客様のお建物に合った適切な施工をご提案致します。どうぞお気軽にご相談ください。

雨漏りというと屋根から落ちてくるイメージが強いですが、外壁にひび割れが生じている状態で横殴りの雨が降ると、そこから雨漏りが生じます。 雨漏りを防ぐための屋根・外壁の修繕に関するご相談は、山形の水戸部建装にお任せください。 実際に施工に入る前の現地調査による雨漏り診断は無料で承っております。

山形県での外壁塗装のご用命がありましたら、水戸部建装にご相談ください。 個人のお客様の住宅の塗装はもちろん、アパート・マンションのオーナー様からの所有物件に対する施工のご相談も承っております。 お問い合わせ・見積もりは無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

はじめて外壁塗装の施工を業者に依頼されるに当たって、分からないこと、気になることは少なくないと思います。 山形の水戸部建装では、はじめてご利用いただくお客様でも安心して作業を任せていただけるよう、不明瞭な点などがあれば何でもお答えしております。 「工事中はずっと在宅していないとだめなの?」「作業の時間や作業時に発生する臭いなどにはどういう対策を取っているの?」 などなど、どんなことでも結構ですのでお気軽にお尋ねください。

建物の外壁が塗装されている理由は、外観を美しく見せる目的もありますが、雨や雪、紫外線といった様々な天候から建物を保護するという目的も持ち合わせています。 建物に合わせた塗装を行うことで、雨・雪の水分で起こる内部腐食を防いだり、季節によって生じる温度差から建物を守ったりなどといった効果を得ることができます。 建物を保護するための適切な塗装ができる業者を山形でお探しの際は、水戸部建装にお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。