施工事例

中山町 S様

 

軒天材の凍害状況です。S様邸では10か所余りありました。

原因はこのジョイントにあるようです。かみ合わせがないオープンジョイントとなっており裏に雨水が回りこんでいます。

撤去状況です。

新品の軒天材に上げ替えます。

折り返しを作り雨水の廻りこみを防ぎます。

これでジョイントからの漏水はありません。

浴室の換気扇外部の状況です。フードの廻りから湿気が漏れている為サイディングがやられてしまっています。

剥がしてみると壁内にも漏れているようです。

防水テープを加工して壁体内への流入と同時に雨水の侵入を防ぎます。

同じサイディングが日本中どこにも無かった為、類似品での対応となりました。

その後、塗装して完了です。

バルコニーの手摺り壁の外側です。積雪による凍害でボロボロになっています。小口からの吸水が原因です。

クリアランスを大きくし直接雪が被らない様に配慮します。

改善前。

改善後です。もちろん小口には吸水止めの為、樹脂を塗りこんであります。

界面剥離が起こっています。雨水の侵入がサイディングに対し悪さを働きます。

既存シールを全部撤去の後

釘、ビスにより締め込みをしていきます。

作業途中で板間に入っているはずのパッキンがまったく機能していない事が判明したので

急きょシーリングで埋め、防水機能を高める工事をいたしました。

シーリング材充填後です。

軒天材と外壁の取り合い部分が開放されており疑問だったのですが

天井上げ替え途中で確認してみると、やはり壁内の空気を抜く為に開放している事が判明しましたので

可能な部分は見切りを使い、他の部分は同じように開放しておきました。

幕板も積雪により凍害を起こしてます。

吸水止めをして

新しい物と交換しました。

土間部分にサイディングが飲み込んでいます。凍害を起こしますのであまり好ましくない納め方です。

雨水の侵入を防ぐ為に、大きく三角シールに施工します。

笠木のジョイント部分が切りっぱなしの為、シールが切れてしまっています。

ビス穴からも漏水しそうなので

内部で1回防水し

ジョイント部分も、いくらかでも長持ちする様に盛り上げてシールします。

屋根は錆止めを施した後

シリコンルーフペイントにより塗装していきます。

光り輝いています。

その後2階部分より軒天

外壁共に1回

2回と塗り重ねていきます。

破風板や雨樋を塗る前に、腐っていたエルボーや

集水器部分を交換し

そのあと塗装していきます。

オイルタンクは統一感が出るように

ベランダ部分の床板も綺麗になります。

外壁、破風板、幕板と全部ピカピカになりました。

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。