施工事例

寒河江市 T様


 

シーリングが界面剥離しています。打ち直しが必要です。

雨樋の支持金物廻りにシーリングが施工されていません。以外と漏水がある部分です。

凍害が見られます。壁内に湿気が漏れている可能性があります。はずして点検します。

破風板トタンもチョーキング(白化)が見られます。塗り時です。

本来ならば開放しておくべき所が埋めてあります。漏水があったからだそうです。

ご自身で直されたようです。今回の工事で綺麗になります。お任せ下さい!

シーリング作業に入る前に密着が良くなるように念入りに洗浄していきます。

壁面はチョーキングを落として活膜面が出てくるように

床面も綺麗に洗浄します。

凍害部分のサイディングを剥がし内部に異常がないか調査します。問題ありませんでした。

防水紙のかみ合わせが逆でしたので改善します。

復旧して完成です。

換気孔部分に凍害がありました。

原因はパイプの結露です。ファンを回して空気を止めない事が大事です。

完了ですが、またなる恐れがあります。常時ファンを回して下さるようにお願い致しました。

ベランダの前面外壁をはがしてみるとなぜが立ち上がりがありませんでした。

こちらも同じです。

3.横葺き1枚分を加工し立ち上がりを作り、雨水が行かないようにします。

施工し終えたトタンに防水テープを貼り

上から圧着します。

完了です。

経年変化で浮いてしまったサイディングを締め直します。

目地が細くシールの幅が取れない部分をひろげて改善します。

既存のシーリングを撤去していきます。

3面接着の防止に大切なボンドブレーカーを張り付けていきます。シーリングの持ちが断然違います。

小口部分を樹脂で固め

新しくシーリングを施工します。樋の支持金具の廻りもきちんと施工してあります。

合抉部の隙間があいているので弾性型のパテを充填します。

完了状況です。

釘打ちでへこんだところに同じくパテを充填します。これで下準備完了です。

軒天材の釘が錆びている部分を錆止しています。

もちろん2回塗装します。

綺麗な仕上がりです。

ベランダの防水も傷みが激しく今回補修をご提案いたしました。

ガラスマットを敷き樹脂を塗りこみ色を付けていきます。

仕上がりです。

ご自分で直された所も打ち直しの上、塗装し綺麗になりました。

外壁も2回塗り重ねると

ごらんの通り輝きます。

チョーキングを起こしていた破風板もピカピカです。

玄関部分のサイディング。1番下になる色でまず全部塗装します。

その後、表面塗装に入ります。根気とセンスが必要なデリケートな仕事です。

元通り以上です!

土台水切りの塗装と

オイルタンク等の付帯物を塗り完成です。

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。