施工事例

山形市 T様アパート


 


 

サッシからの伝い水が凍害を起こしています。張り替えと一緒に内部を調査します。

バルコニーからの伝い水が凍害を起こしています。張り替えと一緒に内部を調査します。

界面剥離を起こしています。恐らく3面接着となっています。打ち直します。

外壁を剥がしてみると、この1本のみやらてしまっていました。

新しい柱を抱き合わせて補強します。

サッシ周りに両面防水テープを貼り付けます。

こちらは凍害がひどかった割に内部の躯体は全然何ともありませんでした。

元々あったフェルトの下に新しいフェルトを差し込んで、雨仕舞いをさらに完全にします。

バルコニーの床面から雨水が外壁を伝わない様に水切りを付けます。

凍害が1番ひどかった所にも

廻りをシーリング処理します。

手摺りの取り付け部分も

既存のシーリングの切り取りを始めます。

切取後にマスキングをして

シーリング工事完了です。

洗浄の開始です。塗料の密着を高める為、目荒らししながら擦り洗いしていきます。

サッシもスポンジで優しく手洗いです。

風化した塗膜を落としていきます。

手洗いにこだわる事で、こういった不具合をきちんと発見する事が出来ます。

ひどいクラックです。

張り替える事にしました。

細かい所もきちんと錆止します。

換気孔も錆がひどかったので

きっちり錆止し

ウェザーカバーも鉄製ですので錆が発生しています。

錆止めの上、塗装します。

軒天。いつものように2回塗りです。

外壁塗装に入ります。こだわりのグリーンです。

もちろん2回塗りです。

デッキプレートも綺麗になります。

破風板トタンもフレッシュに。

蛍光灯の受けも再塗装すると見違えるように綺麗になります。

水切りも綺麗な白色で塗装します。

物干し金物も錆びてしまっていて使えなかったので、交換をお勧めしました。

これで洗濯物を干される機会もぐんと増える事でしょう。

至る所に錆が見られた部分も

綺麗になりました。

駐車スペースも

爽やかな雰囲気へと一変しました。

樋受け金具も塗装の上、バンドなどを交換します。雪止めに下になる部分も綺麗に塗装します。

雪止めを取り付けます。

アクセントのドーマーが素敵です。

大事なアパートの看板も純白に。

エアコンの排水が壁を伝わらない様にドレインを取り付けました。

水切りも同系色で塗装して目立たない様になりました。

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。