施工事例

寒河江市 T様アパート

 

img01.jpg
明るくあたたかい色合いに
 

img02.jpg

img03.jpg

img04.jpg

img05.jpg

img06.jpg

img07.jpg

img08.jpg

 

img09.jpg
ベニヤ板でしたが、雨や雪で傷むのでトタンを
貼りました。腐る心配なし。

凍害で傷んだサイディングをはり替えます。

img10.jpg

img11.jpg
取り替えが難しい部分はこのまま塗装しても
長持ちしないのでトタンを貼りました。
これ以上傷まない様にするためと、
塗装できる下地をつくるためです。
img12.jpg
外壁の深さは釘を増し打ちして、しっかり補強します。

img13.jpg
この様な軒天の納まり箇所は雨や雪があたって傷むので
トタンを貼って包んでしまいます。

 

外壁補修と並行してシーリングも打替え

img14.jpg

 

img15.jpg img16.jpg

仕上げの塗装色に合わせて1階と2階でシーリングの色を変えています。木造で建物の動きが大きい場合は
外壁の動きも大きくなるので、シーリング上の塗膜が割れる場合があります。その場合目立たなくする効果があります。
今回のように直ばりの場合は必須です。

※直貼りとは柱に直接サイディングがはられているもの。対して通気胴縁を入れて空気の層をつくりはってあるものを
通気工法といい、最近は100%通気工法です。

 

img17.jpg
切り取ったシールと打ち替えたシールの量
 
img18.jpg
割れなどを補修して
排水部の若干の改良をして
img19.jpg
仕上げの塗装色が渋い色になるとどうしても目立つので
合決り(あいじゃくり)部分も弾性のパテ材で埋めます

漏水の恐れがなくなり、ようやく洗浄

img20.jpg img21.jpg
img22.jpg
エアコンの室外機も

img23.jpg
通路の土間コンクリートも

 

2階は既存の色に対して淡い色の仕上げのため、トータル4工程

img24.jpg
下塗り

 

img25.jpg
上塗り1回目
img26.jpg
2回目
img27.jpg
3回目

鉄部はしっかりケレンして、全面錆止め

img28.jpg img29.jpg
img30.jpg
 

img31.jpg

 

img32.jpg
看板の文字も
img33.jpg
外壁の色に合わせてコーディネート
img34.jpg
換気フードも劣化が激しかったので交換しました。
足場が必要な作業はついでにやるとオーナー様にとってお得です。
 
img35.jpg
白かった土台水切も
img36.jpg
全体のバランスを考えて黒に塗りました。
たった3cm位の幅ですが、建物が引き締まります。
img37.jpg

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。