施工事例

山形市 W様

浴室窓下の凍害状況です。お施主様自ら補修なさったようですが、シリコーンシーリングの汚染が外壁に付いてしまっています。

雨樋破損により、常時水が掛かり凍害を引き起こした様です。

撤去後の外壁です。W様邸では6枚分張替を行いましたが、板裏は全て異常ありませんでした。

下地の調査状況です。若干シミが見えるのはシーリングの破断により、内部に侵入した雨水の跡だと思われます。

調査の際にカッターを入れた所は、ブチル系のシーリングを充填し、さらに上からブチルテープで塞ぎ、万全を期します。

サッシの出が足りず、再度凍害を引き起こす可能性がありますので、トタンにて水切りを製作し外壁に直接結露水がかからない様にしました。

浴室の換気扇廻りの状況です。

張り替え後の状況です。内部のジャバラ部分や接続部分に問題があった為、改善した後の施工です。

結露水が伝う事の無いように、水切り付きの樹脂製のものに交換しました。退色してきたら塗装可能です。

軒先の凍害の様子です。上げ替えが必要です。

折角なので、野地板の調査も行いました。 全く問題ありません。

凍害対策に換気見切りを取り付けて、上げ替え完了です。

全てのシーリングを撤去し

サッシの上端や

換気レジスターの上端などは、弊社のHPをご覧になって下さったお施主様のリクエストで、水が溜まらないテーパー仕上です!

シーリング工事完了後、洗浄作業に移ります。ガラスサッシは優しくスポンジで洗います。

外壁材洗浄の様子です。チョーキングが落ちていくのが目に見えます。

破風板などは手洗いを行うと、新品のようにピカピカになります。

手洗いにこだわる訳。それは自分の手で触れ、自分の目で見る事で下地の異常を感じ取るためです。

なかなか洗う事の出来ないインナーバルコニー等もこの機会にピカピカにします!

定番サービスのオイルタンクも塗装の為に綺麗に目荒らし洗浄します。

W様邸、雨樋は全部交換なので、釘穴には内部への浸水を防ぐ為、シール材を充填します。

ここからやっと塗装に入ります。 破風板1回目の塗装です。白系なので汚れにくい塗料での施工です。

もちろん2回塗りです。

サッシ端部のクラックは下地の位置の問題なので、張り替えを行わずに弾性パテを充填し補修します。

補修完了です。

釘頭などにも判らない様に充填します。

2階の外壁塗装開始です。明るめの色で塗り上がりが楽しみです。

もちろん2回塗り。

軒天材も2回塗りを行います。こちらも汚れの付きにくい仕様としました。

1階部分の塗装に移る前に、壊れていた排水管のバンドがあるので

計3か所交換しました。

1回目

2回目、1階部分は都合3回塗りとしました。

塗り分けの縁切りもうまくいきました。ナイスな配色です!

アクセント部分の塗装に入ります。ベース色を2回塗装後

表面色1回、2回と塗り重ねます。

まるで新品。上手くいきました。

ベランダ内部は奥行きがあって、なかなか光が届かない為、白系での塗装をお勧めしました。明るくなったと好評頂きました。

屋根は錆止めの後、刷毛とローラーで丁寧に手塗りして行きます。

外壁とのコーディネートを考え、W様邸は セピア色をお勧めしました。

樹脂部分のヤギリ等も塗装します。 完全に劣化する前であれば塗装できるのが樹脂部材の良い所です。

サービスのオイルタンクも錆止めを行い

2回塗りすれば新品同様です。

最後に締めの水切り塗装を行い完成です!

 

 

外壁塗装の下準備のために必要な外壁の洗浄。 しかし、ある程度の築年数を経た建物や漆喰(しっくい)壁の建物の場合、水を使っての洗浄は不向きです。 そういった建物の場合はついた汚れをこすり落とす、あるいは掃くなど、水を用いない方法で施工しやすい状況に仕上げることが求められます。 水戸部建装は、お客様のお建物に合った適切な施工をご提案致します。どうぞお気軽にご相談ください。

雨漏りというと屋根から落ちてくるイメージが強いですが、外壁にひび割れが生じている状態で横殴りの雨が降ると、そこから雨漏りが生じます。 雨漏りを防ぐための屋根・外壁の修繕に関するご相談は、山形の水戸部建装にお任せください。 実際に施工に入る前の現地調査による雨漏り診断は無料で承っております。

山形県での外壁塗装のご用命がありましたら、水戸部建装にご相談ください。 個人のお客様の住宅の塗装はもちろん、アパート・マンションのオーナー様からの所有物件に対する施工のご相談も承っております。 お問い合わせ・見積もりは無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

はじめて外壁塗装の施工を業者に依頼されるに当たって、分からないこと、気になることは少なくないと思います。 山形の水戸部建装では、はじめてご利用いただくお客様でも安心して作業を任せていただけるよう、不明瞭な点などがあれば何でもお答えしております。 「工事中はずっと在宅していないとだめなの?」「作業の時間や作業時に発生する臭いなどにはどういう対策を取っているの?」 などなど、どんなことでも結構ですのでお気軽にお尋ねください。

建物の外壁が塗装されている理由は、外観を美しく見せる目的もありますが、雨や雪、紫外線といった様々な天候から建物を保護するという目的も持ち合わせています。 建物に合わせた塗装を行うことで、雨・雪の水分で起こる内部腐食を防いだり、季節によって生じる温度差から建物を守ったりなどといった効果を得ることができます。 建物を保護するための適切な塗装ができる業者を山形でお探しの際は、水戸部建装にお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。