施工事例

山形市 W様

浴室窓下の凍害状況です。お施主様自ら補修なさったようですが、シリコーンシーリングの汚染が外壁に付いてしまっています。

雨樋破損により、常時水が掛かり凍害を引き起こした様です。

撤去後の外壁です。W様邸では6枚分張替を行いましたが、板裏は全て異常ありませんでした。

下地の調査状況です。若干シミが見えるのはシーリングの破断により、内部に侵入した雨水の跡だと思われます。

調査の際にカッターを入れた所は、ブチル系のシーリングを充填し、さらに上からブチルテープで塞ぎ、万全を期します。

サッシの出が足りず、再度凍害を引き起こす可能性がありますので、トタンにて水切りを製作し外壁に直接結露水がかからない様にしました。

浴室の換気扇廻りの状況です。

張り替え後の状況です。内部のジャバラ部分や接続部分に問題があった為、改善した後の施工です。

結露水が伝う事の無いように、水切り付きの樹脂製のものに交換しました。退色してきたら塗装可能です。

軒先の凍害の様子です。上げ替えが必要です。

折角なので、野地板の調査も行いました。 全く問題ありません。

凍害対策に換気見切りを取り付けて、上げ替え完了です。

全てのシーリングを撤去し

サッシの上端や

換気レジスターの上端などは、弊社のHPをご覧になって下さったお施主様のリクエストで、水が溜まらないテーパー仕上です!

シーリング工事完了後、洗浄作業に移ります。ガラスサッシは優しくスポンジで洗います。

外壁材洗浄の様子です。チョーキングが落ちていくのが目に見えます。

破風板などは手洗いを行うと、新品のようにピカピカになります。

手洗いにこだわる訳。それは自分の手で触れ、自分の目で見る事で下地の異常を感じ取るためです。

なかなか洗う事の出来ないインナーバルコニー等もこの機会にピカピカにします!

定番サービスのオイルタンクも塗装の為に綺麗に目荒らし洗浄します。

W様邸、雨樋は全部交換なので、釘穴には内部への浸水を防ぐ為、シール材を充填します。

ここからやっと塗装に入ります。 破風板1回目の塗装です。白系なので汚れにくい塗料での施工です。

もちろん2回塗りです。

サッシ端部のクラックは下地の位置の問題なので、張り替えを行わずに弾性パテを充填し補修します。

補修完了です。

釘頭などにも判らない様に充填します。

2階の外壁塗装開始です。明るめの色で塗り上がりが楽しみです。

もちろん2回塗り。

軒天材も2回塗りを行います。こちらも汚れの付きにくい仕様としました。

1階部分の塗装に移る前に、壊れていた排水管のバンドがあるので

計3か所交換しました。

1回目

2回目、1階部分は都合3回塗りとしました。

塗り分けの縁切りもうまくいきました。ナイスな配色です!

アクセント部分の塗装に入ります。ベース色を2回塗装後

表面色1回、2回と塗り重ねます。

まるで新品。上手くいきました。

ベランダ内部は奥行きがあって、なかなか光が届かない為、白系での塗装をお勧めしました。明るくなったと好評頂きました。

屋根は錆止めの後、刷毛とローラーで丁寧に手塗りして行きます。

外壁とのコーディネートを考え、W様邸は セピア色をお勧めしました。

樹脂部分のヤギリ等も塗装します。 完全に劣化する前であれば塗装できるのが樹脂部材の良い所です。

サービスのオイルタンクも錆止めを行い

2回塗りすれば新品同様です。

最後に締めの水切り塗装を行い完成です!

 

 

外壁と同じくメンテナンスに気を配る必要があるのが屋根の塗装です。 金属系の屋根、窯業系の屋根、それぞれに適したメンテナンス方法があるため、専門業者にお任せいただくのがベストな選択です。 水戸部建装は、山形での屋根塗装のご相談を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

キッチンや浴室、トイレといったいわゆる水まわりのお部屋は、お住まいの中でも特に老朽化の進行が早い箇所です。 快適な生活環境を確保するためにも、少しでも不便や不具合を感じるようなことがあれば、リフォームの検討をいただくのもひとつの手段かと思われます。 水戸部建装では、水まわりのリフォームに関するご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

劣化した外壁や屋根を塗りなおす塗装工事。 水戸部建装は、施工を通じて元通り以上に仕上げることを目標に、作業に取り組んでおります。 山形県における外壁・屋根塗装のご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

「水戸部健装に外壁塗装の相談をしたいが、実際にどんな施工を行ってきたのかを見てみたい」 そんなお声にお応えできるよう、ご覧のウェブサイトにて施工事例を写真付きで紹介しております。 実際にご相談いただく前にそちらも併せてご覧くださいませ。

外壁塗装を始めとするリフォーム関連の会社は、通常であれば営業マンが提案等を行い、そこで締結された契約を元に職人が施工を手掛けます。 そのため、営業マンが自分の成績を優先するあまり実際の施工費と異なる金額を提示し、いざ施工に移った段階でトラブルが起こってしまうというケースが少なからず存在します。 水戸部建装の社員は全員が職人ですので、お客様にご提示する見積り金額は実際の作業に基づいたものをご案内することが可能です。どうぞ安心してお任せください。

顔を合わせて
とことん話をします。
不安なことはどんなことでも
聞いて下さい。